オーストラリアを移住先としてオススメできるかまとめてみる

最終更新日

こんにちは。ジュークです。

今日はさっそくではあるが、私の住むオーストラリアを「日本人の移住先」としてぶっちゃけオススメできるかをまとめてみる。

大学生の頃の3年間間と国際結婚を機に移住してから3年間、計6年の私の滞在経験をもとにする。

前提として、学生やワーホリなどの短期滞在ではなくある程度の中長期的な永住を目的としている人とする。

このブログは決して「オーストラリア最高だぜぇ!いえーい!」「絶対おすすめ!!!来ないと損!」的な内容ではなくある程度現実的な側面に着眼する。私個人も移住前はどちらかというと、お花畑の内容より、「ぶっちゃけどうなんだろう」というところが知りたかったから。

この記事では、移住にあたり壁となるビザ、英語力、経済力の3つについて綴る。

ビザ

まあ、「こんなん言われても」というトピックではあるが、もっとも避けては通れない問題である。

もちろん、この記事を書いている2021年9月4日現在はコロナ禍真っ只中であり、そもそもの移住などが物理的に不可能に近いが、コロナ禍の前からオーストラリアへの移住にあたり外国人が直面する最大の障壁がビザと言って良いと思う。

もっとも手っ取り早い方法としては学生ビザやワーキングホリデー(以後、ワーホリ)などのビザで一旦オーストラリアに入国し、学生をしながらワークビザをスポンサーしてくれる仕事を探すか、オーストラリア人の結婚相手を見つけて配偶者ビザの可能性を模索するパターンなどがある。

ただ、コロナ禍の前からワークビザをスポンサーしてくれる企業はごく僅かである。オーストラリア企業がオーストラリア人を雇用せず、わざわざ外国人を雇う理由を政府に説明しないといけないからだ。オーストラリア政府から見れば、自国民に雇用の可能性のあった仕事を外国人に仕事を”奪われている”わけなのだから。私は、仕事は見つかりそうだがビザをスポンサーしてくれる企業が見つからず、泣く泣く日本に帰った人もそこそこ知っている。

また、オーストラリア人と結婚できるかは、こればっかりは運や個人差があることなのでここでは割愛する。

よって、個人の状況やスキル・年齢によりけりだと思うし方法はぶっちゃけなんでも良いのだが、中長期的に滞在できるビザを取得できる方法は確保されていないと、オーストラリアへの移住は現実的ではないと思うのが素直なところだ。

ビザが短期的だと、常にビザ更新について悩む必要がある。

また、そういった短期滞在ビザで得られる仕事の幅は狭い。雇用者からすれば、最初から短期的にしかオーストラリアに合法的に滞在できない候補者をわざわざ雇用する必要などない。

ゆえに日本人で学生ビザやワーホリビザを持っている方々の最大の雇用先はおそらく日本食レストランだ。

言ってもしょうがないことではあるが、理想は永住権の取得である。ワークビザでも中長期滞在は可能だが、雇用主に首根っこを掴まれている状況にあるため、場合によっては生活が苦しくなるケースを何回か耳にしている。

このあとお金についても触れるが、永住権がないとオーストラリア国民保険のMedicareにも入れず医療負担も増える。

英語力

「オーストラリアで仕事を探すのに英語力はどれだけ必要か?」

といった質問は時々聞かれるが、私の答えは「限りなくネイティブレベルに近くないと損はする」と言うことだと思う。

もちろん職種や業界によってはそこまで求められないものもある。

しかし、現実は英語ができないと損は間違いなくする。英語ができて損をすることはない。

もし、あなたがオーストラリアでも現地の日本人社会に属し、日本企業に現地採用され、日本人の経営するスーパーや美容院にしか行かないという信念をお持ちであるならば、英語力はゼロでも構わない。このような生活を送るのであれば、英語をしゃべる必要は最低限になる。

ただ、後述するがオーストラリアにある日本企業の給与は、外資系企業のそれに比べて低い。言葉を選ばず言うと、オーストラリアである程度余裕のある生活のできる給与を支払う日本企業は多くない。

よって、オーストラリアである程度余裕のある生活をするには、オーストラリア企業や外資系企業に勤める必要がある。

そうなると、英語力は当然必須だ。

面接で自己アピールすることも必要だが、入社してからも仕事をしていくではもちろん、社内政治や雑談をうまくこなしていかないといけないこともある。これは日本人が日本で日本企業で働くのに日本語が必要なことと同義である。

また、仕事に限らず、オーストラリアでは病院や政府機関とのやりとりも当然英語なのだからできないと苦労することは目に見えている。

経済力

「オーストラリアは給料がいいから、移住したいんです!」

というのもよく聞く。

結論からいうと、前述の英語力によって日本人の給与は決まっているといっても過言ではないと私は思っている。

英語が一切できず、こちらの日本企業やジャパレスに勤めるとなると、その会社の日本における給与水準に合わせられることが多い。

私もいくつか興味で日本企業の面接を受けたりしたが、年齢やポジションにもよるが、私のような30代営業職の場合、日本企業の現地採用では年額4万ドル〜5万ドルが相場だと思う。日本円で320万円から400万円だ。

日本から英語がほとんど喋れない学生やワーホリの皆さんがよく就職されるジャパレスの多くは、オーストラリア政府の定める最低賃金またはそれ以下の場合もある。

オーストラリアは物価が高く、特に不動産価格が高く、家賃の相場も高い。

仮に独身であったとしても、年額4万ドル、ましてはそれ以下では食べていくだけで精一杯であろうというのが素直なところだ。

この給与に、大抵の場合は民間保険も含まれていない。つまり、Medicareを持っていたとしても最低限の医療しかカバーされていない。それ以外は全て自費となる。

どうしたら、比較的雇用条件のいいオーストラリア企業に勤められるのか?

オーストラリアで職務経験が皆無だと、なかなかいきなりオーストラリア企業や外資系企業に勤めることへのハードルも高い。まず、前述の通りそもそも外国人を雇う価値のあるポジションじゃないと雇われない。そしていくらスキルがあってもオーストラリアでの就業経験がないと、色んな意味でコミュニケーションが大変だと想定されるため、採用側からは敬遠されがちだ。

そして、在住者は深く感じていると思うが、オーストラリアはかなりのコネ社会だ。前職の知り合いや業界の繋がりのいわゆるリファーラル採用、身内採用が一般的に行われているので、海外からきてコネもネットワークもない新参者は最初の就職は苦労する。別に犯罪でもないしね。

まあ、これはオーストラリアに限らず、どの国にもある程度言えることなんだろうけど。

そのため最初は日本企業に現地採用で勤め、履歴書にかけるローカルな経験を積むパターンなどもあるにはある。

まあ、与えられたカードをいかにうまく使うかなだけなのだが。

余談だが、私のように子供が産まれるとこのあたりの経済的責任感もかなりのしかかる。

終わりに

私はオーストラリアに社会人になって移住してきて3年が経つ。

もちろん楽しいことも多いし移住を後悔していないが、正直楽ではないことも多い。

多文化社会だのダイバシティだのなんだの騒がれているが、日本人であることのハンディキャップは言語的にも機会的にもやっぱりあると思う。言葉を選ばずに言うと、移民にとってはどこまでいっても白人オーストラリア社会との距離感はあると思う。

それがゆえに、良くも悪くも自分の身は自分で守ることが重要であり、そのためのビザ・英語力・経済力なのだと思う。

あんまり華やかな内容ではないが、今後オーストラリアへの移住を考えている方の参考になればと思います。

逆を言えば、これらの要素がある程度揃って落ち着けば、毎日の生活はだいぶ楽です。

それでは。

日本生まれ、海外育ち、2018年よりオーストラリア在住。2021年7月に第一子が誕生。普段は外資系企業でサラリーマンやってます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする